自律神経失調症・自律神経障害 (反応点治療研究会症例集)

めまい、動悸、発汗、冷え、更年期障害などに内耳や下腹部内臓器が関わります。このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が自律神経機能をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

喉がしびれる

30代 男性

初回
3週間ほど前から喉のしびれ、違和感、吐き気を頻繁に感じるようになった。慌てて耳鼻科、消化器科などで詳しく検査したが全く異常はなかった。納得できずインターネットでいろいろ調べたところ自律神経系の問題ではないかと思い当院に来院。喉周辺の反応点はひどく患者のつらさが伺えた。その他に胃、肝臓、小腸に反応点が確認できた。治療後みぞおちの不快感はなくなったが、喉の反応点は3割程度まで回復した。

2回目
次の日に来院。腹部の治療に加えて、側臥位で、右頸部周辺を重点に治療を行った。仕事の都合で定期的な治療は難しく、次回の予約日も決まらないため、自宅や仕事の合間にできるセルフケアを指導した。

5回目
10日後に来院。症状は徐々に治まってきたようだ。一日中しびれることはなく、仕事で3時間ほど話し続けた後、少し違和感が残る程になった。胃、肝臓、小腸などの腹部反応点を回復させたことも、吐き気などの症状を軽減させたと思われる。喉の反応点領域は初診から約半分に軽減した。

6回目
治療を初めて1ヵ月半が経った。3週間ほど来院しなかったので心配していた所、予約の連絡が入った。今までのつらい症状はほとんどなく、仕事で長時間話続けると、少ししびれるのが気になるくらいである。喉の状態は8割程の回復であった。自宅でのケアもしっかりとできていることに安心した。

治療のポイントと反応点の状況
喉、胃、小腸、肝臓反応点。特に反応のひどい右の咽頭部と頸部周辺を重点的に行った。

治療の経過と感じたこと
医療機関ではストレスのせいだとして様子を見ることも多いのが自律神経失調症である。本例も異常は見つからなく、薬の処方や治療法もなかった。つらさに耐えても手当が無い状況に患者の困惑が見てとれた。患者は、藁をもすがる思いで鍼灸治療を選択したが、こんな例も少なくないようだ。本例の患者は、長時間人と接する仕事であり、精神性の筋緊張、さらに空気中の微生物などによる喉の炎症、そして喉周辺の筋緊張をもたらしたことなどか、自律神経機能に作用したと考えられる。単に自律神経系の問題だと片付けてしまうのではなく、疾病の始まり、その経過などをきちんと説明したことが患者の理解を促したのだろう。自宅でのケアに真剣に取り組んでもらえた。

反応点治療研究会
神戸市  さくら はりきゅう院  清水 基子
スポンサーサイト

| さくらはりきゅう院  清水基子 | 10:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自律神経失調症とパニック障害

30代 男性 

初回 
自律神経失調症、パニック障害と診断されている。動悸、胸痛に加えて時々体が動かなくなる感覚に陥ってしまう。車の運転中等に体が動かなくなったならどうしようと不安を感じている。循環器系には特に異常は無いと診断を受けた。花粉症にも悩んでおり当院に来院。耳、鼻、咽喉、心臓、肝臓、前頭部、呼吸器に反応点が見られた。

2回目
花粉症の症状がひどく、各反応点も顕著に見られる。治療後に改善は見られるものの、症状の安定までには時間を要すると感じられた。初回に指示した家庭でのケアを徹底的におこなうように念を押した。

5回目
定期的な来院と家庭でのセルフケアの成果もあり、各反応点に改善が見られる。花粉症の症状が軽減しているとのことだった。動悸、胸痛はまだ気になるが軽くなっているようだ。体が動かなくなる感覚は来院してから見られなくなった。

10回目
その後、体調の浮き沈みはあるが、耳鼻咽喉科領域は安定してきた。長距離のドライブにも出かけることができ喜んでいた。他の症状等がまだ不安定な為治療を継続している。

治療のポイントと反応点の状況
耳、鼻、咽喉、心臓、肝臓、前頭部を中心に治療をおこなっている。少しずつ改善したが、まだ不安定である。しかし、反応点の改善に伴って症状も改善していったと思われる。

治療の経過と感じたこと
花粉症の時期もあり耳、鼻、咽喉のコンディションが低下していた。内耳環境が悪化すると平衡感覚を失調させる。このことが自律神経系に影響し、動悸等の症状を出現させた可能性が考えられる。また耳鼻咽喉領域の炎症等から持続的に脳内へ入力されることが自分を見失う(パニック障害)原因かと推測される。これらの症状には特に内耳、および鼻や咽喉領域のケアが重要であると感じている。

反応点治療研究会
三田市 岸本鍼灸治療院 岸本直樹

| 岸本鍼灸治療院  岸本直樹 | 12:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |