自律神経失調症・自律神経障害 (反応点治療研究会症例集)

めまい、動悸、発汗、冷え、更年期障害などに内耳や下腹部内臓器が関わります。このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が自律神経機能をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

複雑な症状、さらにめまいまで…

50代 女性

初回
原因不明の湿疹、手足の冷えやむくみ、全身倦怠感、顔のしびれ、難聴、緑内障など、多くの病状に苦しまれている。多くの病院を回るが、これといった原因や治療もなく不安な様子。その上めまいが起こり、日常生活に支障をきたすようになり来院された。各症状と反応点から考えられる原因と対策を説明すると、全身治療を続けていくことに希望を持ったようだ。

2回目
4日後に来院。しびれ、めまいがやや改善され、食欲がわくようになったと喜ばれた。遠方より来院のため、週1回の治療と、ローラー鍼による毎日のセルフケアを勧めた。耳、鼻、目、消化器系、泌尿器系の反応が顕著に見られた。

6回目
しびれの範囲が狭まり、めまいも疲れたときや自転車に乗ったときなどに限られてきた。反応点を確認すると、日に日に良くなっているのが感じられる。キャンセルする予定だった約1週間の旅行にも行けそうになってきた。

12回目
帰国後は、また元に戻ったかと思われる程の体調の悪さであったが、治療を積み重ねるうちに再度改善していった。この頃にめまい感は、ほぼ消失した。また、聞こえにくかった電子音がよく聞こえるようになった様子で、難聴の改善もみられる。眼圧は当初の18mmHgから12まで下がり安定。わずかなしびれや湿疹、緑内障の進行を抑えるために継続して通院している。

治療のポイントと反応点の状況
手足の冷え、むくみ、などは心臓の反応点の様子から、末梢への体液循環不全が原因の一つとして考えられた。平衡感覚に影響する耳の反応点回復に重点をおいた。また耳の反応点が回復するにつれ、めまいや難聴が良くなっていった。

治療の経過と感じたこと(感想)
反応点の程度と治療頻度から、回復に時間はかかると予想された。しかし、セルフケアを日課のように続けた結果、旅行に行けるまでになった。熱心で前向きな努力が、反応点を次第に改善させるのに役立ったと考えている。この調子で前向きに続ければQOLはさらに上がるだろうと思われる。
 
反応点治療研究会
芦屋市 SORA鍼灸院 森川真二

| SORA鍼灸院 森川真二 | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT