自律神経失調症・自律神経障害 (反応点治療研究会症例集)

めまい、動悸、発汗、冷え、更年期障害などに内耳や下腹部内臓器が関わります。このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が自律神経機能をテーマに東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熱中症なのか、パニック障害か めまい・・・?

40代男性

初診
仕事中目の前が真っ白になり息が出来なくなる事が起こったそうだ。熱中症かと思っていたがその後も続き、突然足の力が抜け立っていられなくなる事もあると言う。鼻に強い反応が出ていた為尋ねると年中鼻炎だそうだ。

2回目
前回施術後、常に喉が詰まった感じだったのがとれて息がしやすくなったと話してくれた。しかし朝からだるく、まだ足元に力が入らないと言う。顕著である鼻の反応点を中心に耳、気管、咽喉、前頭部の治療に重点を置いた。

4回目
朝もすっきり起きられるようになり1週間不快に感じる事なく過ごせたそうだ。耳、気管、咽喉の反応は初診時の3割程度になっているが鼻の反応は依然強い。

3か月後
忙しい勤務が続いても寝ると疲れを持ちこさなくなった。以前に比べずっと快適に過ごせるようになり、治療を一旦休んでいた。しかし風邪をきっかけに、再び動悸や足のふらつきを感じ再来院した。この間セルフケアを指導していたが、確認するとほとんどできていなっかったようだ。

治療のポイントと反応点の状況
鼻を重点的に耳・咽喉・気管・印堂・肝臓・小腸の反応点

治療の経過と感想
継続的に起こっていた鼻を中心とした耳鼻咽喉科領域の炎症は内耳環境を悪化させ、平衡感覚の失調を引き起こしたのではないかと推測する。平衡感覚失調により、運動系に影響した可能性が考えられる。そのため足に力が入らないという感覚を覚えたのではないかと思われる。また平衡失調が自律神経系に影響を及ぼし、動悸などの症状を引き起こしたのだろう。このような場合、鼻と耳、咽喉の治療が重要だと考える。一旦症状が治まったとしても内耳環境の治療は根気が必要だ。再発を招いたのはセルフケアの指導を徹底できなかったことと、定期的な治療ができなかった為だと反省させられた。

反応点治療研究会
はりきゅう専門治療院 てるてるぼうず 磯見順子

| てるてるぼうず 磯見順子 | 15:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT